So-net無料ブログ作成
検索選択

No.1202 この1年を振り返る(2) [アマチュアビデオクラブ]

 今年最後はビデオクラブや、アマチュアビデオ全般に関してひと言述べたいと思います。
県北で活動するHVCCが結成されたのは1988(昭和63)年2月でした。
この間の経緯等は何度か過去ログに記していますから、そちらをご覧ください。

 この種サークル、何処もそうですが高齢者主体というか、若い人が見当たらないというのも共通しています。
田舎だけかと思いきや、都会でも同じ傾向だと聞きました。
アマチュアビデオクラブの中には、会員の高齢化で解散したところも少なくないようです。

 地域間はもとより、世代間の交流も大切な課題だと思います。
従来は各地で催されていたビデオコンテストも減少し続けており、発表の場が狭くなりました。
その反面、ネット上の動画サイトには投稿映像が氾濫しており、著作権問題も絡んで、手放しでは喜べないのも確かです。

 映像の楽しみ方は様々あり、昨日今日撮影した映像を「よく撮れている、綺麗に撮れている」と言い合うのも結構ですが、写真などがそうであるように、過去と現在の対比、あるいは過去の発掘といった視点が軽視されているように感じます。
アマチュアビデオ愛好家なら、自分が居なくなっても見て貰える、すなわち、自分自身のメッセージを残すという視点で取り組みたいものですね。

 本年も拙文「電脳少年団」、お世話になりました。
来年も引き続き、よろしくお願いします。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1201 この1年を振り返る(1) [雑感]

 今年も残りわずかとなりました。
改めて、この1年を振り返ってみましょう。

 世の中、とても良くなったとは思えず、人心の荒廃や民主主義の劣化も目立った気がします。
当地を米国の大統領が、日本の首相がハワイ・真珠湾を相互訪問したからといって、歴史が改まったわけではありません。
75年前の真珠湾攻撃は奇襲云々は別として軍事施設が目標であり、70年前の原爆投下は無差別攻撃だと思うのですが…。

 国内でも待機児童福祉、長時間労働など、問題が山積しています。
福島の悲劇を人々が忘れかけているのを良いことに、原発再稼働を推し進める時の政府は一体何なのでしょうか。
核廃棄物の処理を含め、原発はあまりにもリスクが大きいことを認識すれば、雇用や景気に結び付くと安易な賛成はできないはず。

 天皇陛下の退位、皇位継承も避けて通れない問題。
現政権は御用学者や評論家などを集めた有識者会議もどきで、特措法を合法化とようと目論んでいるようです。
特措法だと時の権力に左右されることにもなりますから、やはり「典範改正が必要」だと思います。

 当地ではJR三江線の廃止が決まりました。
JR移行後、本州では最長の廃止路線となるようです。
かつての国鉄を分割・民営化することばかりが優先され、検証は全く行われていないのに等しく、北海道の問題などは出るべくしてという感もあります。

 総じて、メディアに踊らされる人があまりにも多く、しかも直ぐに忘れる、選挙も低投票率で一党独裁に近い状態が生み出されている現状を見るとき、前述した民主主義の劣化だと思います。
個人が自らの意識を高めることなしに、こうした劣化からの再生は難しいでしょう。
来年、少しでも再生が前に進めば幸いです。

 
↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1200 今年を振り返る前に [パソコン]

den1200.jpg

  年の瀬を迎え、何かと慌ただしい人も多いと思います。
この1年を振り返る前に、再度パソコンチェックをしましょう。

 複数のシステムを使用しており、とりわけHDDの管理には気を使っているつもりですが、先日も不調の兆候がありました。
異音とかでなく、HDDの健康状態を知らせるソフトの表示によるものです。

 「そんなこと、気にしなければ良い」という人も居るでしょう。
しかしながら、突如データが消失というか、再現できなくなることを予期できない以上、何らかの対策を講じるべきだと考えます。

 いろいろ試行錯誤しましたが、個人的には複数のHDDを用意することに落ち着きました。
半月、ないし1ケ月毎にコピーし、保管分を使用するという方法です。

 手間はかかりますが、楽をして最大の効果は得られません。
最後に良ければ、それが一番だと思います。

 
↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1199 蒸気機関車の話題 [鉄道]

den1199.jpg

 当地から蒸気機関車(以下SL)が姿を消して、この秋で45年が経過しました。
SLが牽引する列車としては木次線の貨物列車が県境を超えて備後落合まで往復しており、それが最後の定期運行です。
 
 もっとも、木次線の貨物列車が廃止となって1ケ月あまり後、芸備線の備後落合まで新見からSLが工事列車を牽引しています。
実質的には、この工事列車が「広島県内最後の煙」ということになるのでしょうね。

 画像は近日発刊の鉄道専門誌で、SLの運行に携わったみなさんの体験など、貴重な話が掲載されています。
隣町にあった機関区の乗務員が取材に応じており、45年を経て明かされる苦労話もあるでしょう。

 当時のSLは、普通というか、特別な列車ではなく、旅客や貨物の定期列車を牽引していました。
現在のSL運行、100パーセント観光用です。
その辺りの相違も、現役のSLをリアルタイムで見た人は減るばかりですから、語り継ぐ必要性を感じています。

 
↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1198 廃車復活 [鉄道]

den1198.jpg

 久々に北九州方面へ出向きました。
平成筑豊鉄道にやって来た「キハ2004号」のお披露目会が目的です。

 キハ2004号は1966(昭和41)年に製造されたディーゼルカーで、北海道の留萌鉄道で使用されていました。
留萌鉄道の廃止後、茨城交通に売却され、湊線(現在は「ひたちなか海浜鉄道」)を走っていましたが、老朽化で昨年末に廃車されたのです。

 あわやスクラップかと思われましたが、九州で走っていた準急型と呼ばれたキハ55系に似ていることから、保存への動きが起こりました。
茨城から北九州まではフェリーで搬送、陸揚げ後はトレーラーで平成筑豊鉄道の車両基地に運び込まれたのです。

 取り急ぎ外観の修復が行なわれ、今回のお披露目となった訳ですが、代表者は「少しずつ手を入れて、将来的には本線上を走らせたい」と話していました。
それが実現するよう、皆で応援したいですね。

 
↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1197 データを救出 [パソコン]

den1197.jpg

 フィルムをスキャンしたデータが入ったHDDに、突如としてアクセスできなくなりました。
HDD自体は認識されるも、アクセスが拒否される現象です。

 「セーフモード」や「所有者の変更」等も試したのですが、効果はありません。
データ復元ソフトをメーカー別に数種類の体験版を試しましたが、製品によっては文字化けしたりとか、代金に見合わないと感じた次第です。
結局、フォルダが表示されたソフトはひとつだけでした。

 最後はそのソフトを買えば良いのだからと、ダメ元で某フリーソフトを試してみました。
するとフォルダなどが全て表示されるではありませんか。
それを試しに別のHDDにコピーしてみると、元の画像が出てきました。

 手間は食ったものの、無料でデータの救出が行えましたが、これは運が良かったというべきでしょう。
電気的に壊れていたらと考えた時、データの保管については慎重に、かつ複数にすべきと思います。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1196 苦肉の新品改造 [パソコン]

den1196.jpg

 ネット専用システムですが、複数のHDDを使い分けています。
先日までHDDの電源を切り替えていたのですが、時として接触不良が発生しました。

 対策を検討した結果、HDDを直接抜き差しする製品を導入した次第です。
防振ゴム付の金属フレーム、下部は大きく空いているので、冷却ファンからの風も期待できます。

 早速取り付けたところ、内部のテンショナーに問題がありました。
画像の指先で挟んだ黒い部分です。
この部分のバネが強く、挿入したHDDを押し出そうとして、接触不良を引き起こすことが判明しました。

 どうしたものかと考えた結果、テンショナーをバネごと外してみることに。
押し戻されないのでHDD交換も楽で、三週間あまり使用しましたが、接触不良も発生していません。


↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1195 間もなく95歳 [鉄道]

den1195.jpg

 当地に保存されている蒸気機関車、48650号機は製造から95年を迎えようとしています。
記録によると、48650号機は1921(大正10)年11月に大阪の汽車製造会社で誕生した国産の蒸気機関車です。

 名古屋エリアを皮切りに、糸魚川(新潟県)~金沢(福井県)~小郡(山口県)~津和野(島根県)~下関(山口県)、そして1965年秋に三次(広島県)へ配置換え、芸備線や福塩線で活躍し、1970(昭和45)年12月に福塩線では最後となる貨物列車を牽引しました。
翌年春、正式に廃車となり、1972(昭和47)年3月から三次市内で保存され、現在に至っています。

 当初は野天に置かれていましたが、後に屋根が設けられました。
国鉄OBが定期的に掃除をしていたものの、高齢化などで掃除が行き届かず、近年は放置状態となっていました。

 見かねた鉄道愛好家が整備を思い立ち、一昨年の11月から作業を開始しました。
その後、助っ人も現れ、隣接する建物の取り壊しで半年以上も作業の中断を余儀なくされるなどしましたが、現時点で8~9割方完成に近づいています。

 各地に保存されている蒸気機関車の大半は、整備といってもペンキを上塗りするパターンが大半で、金属部分を磨くという手法は一部で行なわれているに過ぎません。
48650号機の整備は錆や元の塗装を落とし、動かせそうな部品は分解して、必要なら修理するという本格的なものです。

 過日、国鉄在職時代に蒸気機関車の掃除や運転に携わったOBが立ち寄り、「当時よりも綺麗になった」と驚いたとか。
動輪を繋いでいるロッド類も磨き出しで、自治体等に貸与されている保存機関車では稀だと思います。

 各地に保存されている蒸気機関車、近年は邪魔者扱いされて解体された車両も少なくありません。
貴重な産業遺産であり、地域の宝物として末永く残して欲しいものです。


↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1194 故障HDDを改修 [パソコン]

den1194.jpg

 ネット用システムが、突如として起動不能になりました。
通電するとHDDは「カタカタ」数回音がして、それ以降沈黙してしまいますから、HDDに原因があると判断した次第です。

 取り外してみると、HDD裏側の基盤チップ(※画像赤丸)が焼損していました。
必要データが入った状態なので、困ったことになりました。
バックアップはしていましたが今年春ですから、それ以降のデータはありません。

 ジャンクボックスに同型のHDDがあったはずと探してみたところ、容量は異なるものの、同じメーカー、ほぼ同時期のHDDが見つかりました。
そのHDDも故障していましたが、目視した限り、基盤そのものは正常な感じです。

 ダメ元で交換してみたところ、何事も無かったのように起動しました。
直ぐに別のHDDにバックアップしたことは当然です。

 HDD基盤の交換作業自体は難しくありませんが、①適合している、②電気的に故障していないことが前提になります。
なお、ネット上の書き込みなどを見ると、最新のHDDは基盤と本体がセットで動作するように設定されている云々の記述がありましたから、あくまでも少し古い製品なら「何とかなる」ということかも知れませんね。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1193 レールに見る鉄道の歴史 [鉄道]

den1193.jpg

 画像は右から、正式に廃止の決まったJR三江線全通40周年を記念して配布されたレール文鎮、1984(昭和59)年3月に廃止された南薩線(鹿児島)の記念レール、工事用のトロッコ軌道などのレールです。

 ちなみに、大きさ(高さ)は右から152mm、87mm、67mmですから、随分違いますね。
三江線の記念レールはJRの在来線や大手私鉄などで用いられているサイズですが、南薩線のそれは珍しいアメリカ製の輸入レールです。 

 日本の鉄道は本州がイギリス北海道がアメリカからの技術を導入したのが始まりで、車両はもちろん、機材なども大部分が輸入品でした。
明治中期以降、少しずつ国産化の動きが顕著となり、大正時代には機関車なども国内製造できるまでになりました。

 前述した南薩線ですが、開業は大正時代の初旬、機関車はドイツからの輸入品、構造物も輸入品が多く、レールもそれに該当します。
レールは鉄材が貴重であった頃は用途廃止後、鉄道関連の構造物などに転用されており、現在でも各地で見ることができます。
 

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

メッセージを送る