So-net無料ブログ作成
検索選択

No.1125 どう使うか?! [AV機器]

den1125.jpg

 最近、ビデオ撮影にデジカメを用いることが多くなりました。
クラブの会員も、デジカメの使用比率が高くなっています。

 少し前だと、ビデオカメラの他にフィルムを入れたカメラを持参することが定番になっていました。
当然機材も嵩張るし、助手が欲しいと感じたことも多々ありました。

 それがデジカメだと、1台で済みますから、手軽で助かります。
ただし、良いことばかりではありません。
ビデオカメラの特性をフルに発揮させるような撮影をしている人には、デジカメだと使い勝手の悪い時があるらしいです。

 個人的に、そこまで凝った使い方はしないものの、音声だけは少々不満です。
外付けマイクという手もありますが、これが意外と価格が高かったり、その機種しか使えないので、入手に躊躇してしまう人も多いはず。

 会員のなかで、ICレコーダーを活用している人がいます。
その人が所有するICレコーダーは、結構良い値段だったようですが、とりあえずエントリークラスで良いだろうと、先日入手しました。

 少しテストした限りでは、デジカメの動画音声とはレベルが違う感じです。
ファームウエアも更新し、出番を待つばかりとなりました。

 
↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://www42.tok2.com/home/hvcc/


No.979 懐かしのオーディオ機器 [AV機器]

den979.jpg

 古いフィルムをデジタル化していると、かつて愛用したオーディオ機器を撮影したコマがありました。
画像にあるのがそれで、現在もオーディオ製品を手がけるT社製カセットデッキ「A450」です。
入手したのは、確か1974年頃で、定価¥79,800と高かったことは、今でも忘れられません。

 「A450」は、FM放送をカセットテープに録音して聴くのが主たる使用目的でした。 
その頃、ピュアオーディオが流行で、現在は廃業した会社も当時は元気で、社会全体に活力があったように思います。

 車、カメラ(フィルムで写真を撮る製品)、オーディオなどに凝ると、給料の大半が消えていたことを憶えています。
携帯や、身近にパソコンもありませんでしたが、現在よりも、日々充実していたと感じるのは私だけでしょうか。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://www42.tok2.com/home/hvcc/

No.821 直すべきか… [AV機器]

 簡易な音声モニター用として使用していた、ヘッドホンが壊れてしまいました。
著名な海外製品で、既に製造中止となっていますが、小型なれど、意外に重低音が効き、重くないので重宝していたのです。

 少し前、このヘッドホンは、ヘアバンド部分が壊れていましたが、針金とビニールテープで補修して、見事復活しました。
今回、イアーパッド部分が経年劣化で脱落してしまい、片方も、朽ちかけているのが分かりますから、スペアを買うべきか悩んでいます。
というのも、スペアのイアーパッドは何処にでもあるというわけではなく、一部の専門店でしか扱っていません。

 サイトで調べた限りでは、ひと組が¥1,400と、結構な値段でした。
スポンジなどを細工して、何とか代用品が作れないかと、頭を捻っているところです。
    
↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

『古豪引退』
2009年11月末で引退した「紀州鉄道キハ603号」を紹介したDVD作品
芸備書房にて頒布中(直接問い合わせて下さい)
http://www.geibi.jp/

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://www42.tok2.com/home/hvcc/

No.781 古いステレオ装置 [AV機器]

den00781.jpg

 撮り貯めたネガフィルムをデジタル化していますが、懐かしい品々も写っていました。
画像は、就職した年、冬のボーナスで購入したステレオです。

 当時、4chステレオが全盛期で、犬のマークでお馴染みのV社、現在AV機器のトップメーカーであるS社、レコード会社でも有名なC社など、別々の規格が入り乱れていました。
カーステレオも、「8トラ」と呼ばれた大型のカセットテープが主流の時代で、まさに隔世の感がありますね。

 家電メーカーなどが販売していたのは、セパレートステレオと呼ばれる、本体(アンプ、チューナー、レコードプレーヤー)と、スピーカー部が離れたタイプと、専門メーカーを中心とした、各部毎に独立したコンポーネントステレオに大別できました。
セパレートステレオでは、グレードアップもやりにくいことから、最初からコンポーネントステレオを選択しました。

 当時、ステレオ機器は、最低ランクの製品でも、初任給では買えず、いわば高嶺の花だったことを憶えています。
入手したのは、最低ランクに近い製品で、アンプとチューナーが一体となったレシーバーと呼ばれる製品に、レコードプレーヤー、オープンリール方式のテープデッキなどです。

 画像では、スピーカーの上にテープデッキを載せていますが、写真を撮るための演出で、実際には少し離して置いていました。
ラックは、10ミリ厚のベニヤ板で自作、遠目ではセパレートステレオにも見えてしまいます。
あれから間もなく37年、月日の経過を、とても早く感じているところです。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

『古豪引退』
2009年11月末で引退した「紀州鉄道キハ603号」を紹介したDVD作品
芸備書房にて頒布中(直接問い合わせて下さい)
http://www.geibi.jp/

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc-hp.hp.infoseek.co.jp/


No.631 ひと足早いプレゼントに非ず [AV機器]

den00631.jpg

 前々から欲しかった、MP3プレーヤーを入手しました。
クリスマスプレゼントで貰ったわけではなく、もちろん自前です。

 小型でスタイリッシュな製品が主流なれど、全く逆の製品を選びました。
販売店曰く、何処かの試験場で使われているのだとか。
確かに、外観は実用品そのもので、スタイリッシュとは正反対です。

 前述した、主流の小型の製品とは異なり、90×60×20(縦×横×厚)㎜のサイズですが、ポケットにも入りますから、特に苦にはなりません。
選んだ理由としては、SDカードを取り替えて使えること、単三電池を使用し、汎用ヘッドホンが使えること、そして、何よりも、価格がコーヒー1杯分だったことでしょうか。
 
 
↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

『古豪引退』
11月末で完全に引退した「紀州鉄道キハ603号」を紹介したDVD作品
芸備書房にて頒布中(直接問い合わせて下さい)
http://www.geibi.jp/

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc-hp.hp.infoseek.co.jp/


メッセージを送る