So-net無料ブログ作成

No.1195 間もなく95歳 [鉄道]

den1195.jpg

 当地に保存されている蒸気機関車、48650号機は製造から95年を迎えようとしています。
記録によると、48650号機は1921(大正10)年11月に大阪の汽車製造会社で誕生した国産の蒸気機関車です。

 名古屋エリアを皮切りに、糸魚川(新潟県)~金沢(福井県)~小郡(山口県)~津和野(島根県)~下関(山口県)、そして1965年秋に三次(広島県)へ配置換え、芸備線や福塩線で活躍し、1970(昭和45)年12月に福塩線では最後となる貨物列車を牽引しました。
翌年春、正式に廃車となり、1972(昭和47)年3月から三次市内で保存され、現在に至っています。

 当初は野天に置かれていましたが、後に屋根が設けられました。
国鉄OBが定期的に掃除をしていたものの、高齢化などで掃除が行き届かず、近年は放置状態となっていました。

 見かねた鉄道愛好家が整備を思い立ち、一昨年の11月から作業を開始しました。
その後、助っ人も現れ、隣接する建物の取り壊しで半年以上も作業の中断を余儀なくされるなどしましたが、現時点で8~9割方完成に近づいています。

 各地に保存されている蒸気機関車の大半は、整備といってもペンキを上塗りするパターンが大半で、金属部分を磨くという手法は一部で行なわれているに過ぎません。
48650号機の整備は錆や元の塗装を落とし、動かせそうな部品は分解して、必要なら修理するという本格的なものです。

 過日、国鉄在職時代に蒸気機関車の掃除や運転に携わったOBが立ち寄り、「当時よりも綺麗になった」と驚いたとか。
動輪を繋いでいるロッド類も磨き出しで、自治体等に貸与されている保存機関車では稀だと思います。

 各地に保存されている蒸気機関車、近年は邪魔者扱いされて解体された車両も少なくありません。
貴重な産業遺産であり、地域の宝物として末永く残して欲しいものです。


↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1194 故障HDDを改修 [パソコン]

den1194.jpg

 ネット用システムが、突如として起動不能になりました。
通電するとHDDは「カタカタ」数回音がして、それ以降沈黙してしまいますから、HDDに原因があると判断した次第です。

 取り外してみると、HDD裏側の基盤チップ(※画像赤丸)が焼損していました。
必要データが入った状態なので、困ったことになりました。
バックアップはしていましたが今年春ですから、それ以降のデータはありません。

 ジャンクボックスに同型のHDDがあったはずと探してみたところ、容量は異なるものの、同じメーカー、ほぼ同時期のHDDが見つかりました。
そのHDDも故障していましたが、目視した限り、基盤そのものは正常な感じです。

 ダメ元で交換してみたところ、何事も無かったのように起動しました。
直ぐに別のHDDにバックアップしたことは当然です。

 HDD基盤の交換作業自体は難しくありませんが、①適合している、②電気的に故障していないことが前提になります。
なお、ネット上の書き込みなどを見ると、最新のHDDは基盤と本体がセットで動作するように設定されている云々の記述がありましたから、あくまでも少し古い製品なら「何とかなる」ということかも知れませんね。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1193 レールに見る鉄道の歴史 [鉄道]

den1193.jpg

 画像は右から、正式に廃止の決まったJR三江線全通40周年を記念して配布されたレール文鎮、1984(昭和59)年3月に廃止された南薩線(鹿児島)の記念レール、工事用のトロッコ軌道などのレールです。

 ちなみに、大きさ(高さ)は右から152mm、87mm、67mmですから、随分違いますね。
三江線の記念レールはJRの在来線や大手私鉄などで用いられているサイズですが、南薩線のそれは珍しいアメリカ製の輸入レールです。 

 日本の鉄道は本州がイギリス、北海道がアメリカからの技術を導入したのが始まりで、車両はもちろん、機材なども大部分が輸入品でした。
明治中期以降、少しずつ国産化の動きが顕著となり、大正時代には機関車なども国内製造できるまでになりました。

 前述した南薩線ですが、開業は大正時代の初旬、機関車はドイツからの輸入品、構造物も輸入品が多く、レールもそれに該当します。
レールは鉄材が貴重であった頃は用途廃止後、鉄道関連の構造物などに転用されており、現在でも各地で見ることができます。
 

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

メッセージを送る