So-net無料ブログ作成

No.1165 誕生94年を祝う [鉄道]

den1165.jpg

 三連休は天気も良く、遠出をした人も多かったことでしょう。
隣町に保存されている蒸気機関車(以下SL)が誕生から94年を迎え、そのイベントが催されたので、模型の出前運転を行ないました。

 SLは8620型で、1921(大正10)年に製造された48650号機です。
芸備線や福塩線で活躍した後、現在の地に保存されています。
昨年末から有志が整備を続けた結果、空気で動く箇所も多くなり、この種屋外に置かれたSLの中では最高に近いコンディションらしいです。

 イベントはSLの運転室にも入れ、構造などの説明も聞ける貴重な内容です。
幼児を連れた親御さんは自らも保存運転以外のSLを知りませんから、新たな発見があったり、年配者は昔を懐かしむというシーンも多く見られました。

 今回、NNさんやYTさんの協力を得て、模型の列車を走らせました。
現物を前にすれば模型は迫力に乏しいのですが、意外にも子供たちに大人気。
クリスマスプレゼントも近くなっており、親にせがむ子供も居ました。

 わずか1日のイベントで規模も小さかったのですが、皆で協力してやり遂げた満足感は何とも言えませんね。
貴重な産業遺産である48650号機を大切に保存して、次世代に引き継ぎたいものです。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://www42.tok2.com/home/hvcc/


No.1164 地域の足をどう守る [雑感]

den1164.jpg

 廃止の取りざたされている「JR三江線」ですが、メディアで報じられて以降、他地域からの利用者が急増したのだとか。
思うに、大部分の人は「廃止される前に乗ろう」的な発想ではないでしょうか。

 12年前、JR可部線の一部区間が廃止されました。
廃止された区間、三江線とは比べものにならないほどの利用があったにもかかわらずです。
何故そうなったのか、再度検証する必要も感じています。

 画像は33年前の春、隣県で撮影しました。
列車が着くと、駅前に路線バスが待ってる、かつて何処でも見られた光景です。

 各地の中小バス会社は過疎化、少子高齢化による利用者減で、路線を縮小して現在に至っています。
その穴埋めを、行政が補填する形でコミュニティバスなどを走らせているというパターンが多くなりました。

 結局のところ、採算を前提に考えれば、公共交通は都市圏や大都市間輸送しか存続できないということになります。
田舎に住む交通弱者が犠牲になる社会、「仕方ない」で済む問題ではありません。

 簡単に結論が出る問題でもなく、かといって現状に甘えることなしに、改善する方向で検討し、取り組んで行くしかないと考えます。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://www42.tok2.com/home/hvcc/


No.1163 懐かしい景色を見て考えること [鉄道]

den1163.jpg

 普段はJR化後に誕生した軽快なディーゼルカーが走るだけの当地ですが、臨時列車で久々に国鉄型車輌を見ることができました。
JRになっても、しばらくは国鉄型車輌が使われていましたが、発足から30年近くが経過すると、新しい車輌が増えて来るのは、ある意味仕方ありません。

 廃止問題が浮上した三江線もそうですが、当地の鉄道依存度は低く、多くの人は自家用車を利用しています。
少子化に加え、運転免許を持つ老人が増えたことで、鉄道以外でも、公共交通機関の利用者は減るばかりです。

 国鉄を分割して民営化したことすら、まともな検証が行なわれてないが故に、三江線などの問題も出てくるのだと思います。
儲からないから止めるのか、といえば、確かに採算性も無視はできませんが、公共性を考えた時、数の大小だけで決めるのは果たして如何なものでしょう?

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://www42.tok2.com/home/hvcc/


メッセージを送る