So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

No.1216 忘れてはならぬこと [歴史]

 盆休みも終わり、普段通りの生活に戻ったという人も多いと思います。
8月15日前後は戦争~終戦を意識したTV番組、新聞記事などを見る機会が増えました。
しかし、一週間、そして半月と過ぎれば、潮が引くように見られなくなります。

 日本が正式に降伏したのは1945(昭和20)年9月2日、東京湾横須賀沖に停泊中の米軍戦艦上で行なわれた降伏調印です。
8月15日を過ぎても外地では兵士に加え、現地で暮らしていた邦人も不安な状況だったと聞きます。
国内でも徹底抗戦を叫ぶ勢力が居たりして、混乱していました。

 そのようななか、朝鮮(現在の韓国)に駐留していた兵士が日本に向けて脱出した逸話が残されています。
鹿児島の出水海軍航空隊は朝鮮の光州に移動していましたが、当時17~8歳の少年兵たちが祖国に向けて脱出を図りました。

 8月下旬、釜山港に集まっていた邦人のうち、約70名と共に借り上げた漁船で祖国を目指したのです。
エンジントラブルはあったものの、嵐にも遭わず、3日がかりで山口県の角島に到着しました。

 当時の角島に本土とを結ぶ橋は無く、地元民の計らいで本土に渡り、やってきた憲兵に朝鮮からの脱出と経緯を説明するとともに、拳銃や軍刀を引き渡し、憲兵から復員に必要な「帰郷証明書」と「無賃乗車券」を貰ったそうです。

 その後、空襲で焼け野原となっていた下関に行き、手持ちの外貨日本円に交換しようと試みるも目当ての税関や銀行も焼けて営業休止。
時あたかも埠頭には朝鮮に帰ろうとする人たちが多く居て、彼らの日本円と交換した逸話も残されています。

 あれから72年、彼らが存命なら90歳、一緒に帰国した人々も子供を除けば他界した方が多いと思います。
約80名が全員無事に帰国できたこと、これも戦争の歴史です。

※参考文献 『関門 焦土の記憶』

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

nice!(0)  コメント(0) 

No.1215 愚行を繰り返さないために [雑感]

den1215.jpg

 広島の惨禍から72年を迎えようとしています。
先月ですが、国連本部で開かれていた核兵器禁止条約制定に向けた交渉会議は最終日の7日、条約を賛成多数で採択しました。
残念なのは原爆投下の被害を受けた日本が、アメリカの「核の傘」に依存しているとして不参加だったことです。

 核兵器の保有・使用の禁止はもちろんですが、原発も廃棄物処理が困難ですから、将来を考えたら廃止の選択肢しかないと思います。
しかしながら、利権絡みでお題目は「地域経済」云々と、「今だけ・金だけ・自分だけ」という発想が横行している現状を見た時、これでは良くないと考える人は多いはず。

 自然災害の多くは人為的に防ぐことも難しい訳ですが、核兵器や原発を無くすることは不可能な話ではありません。
人類の英知と決断を活かしたいものですね。


↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

nice!(0)  コメント(0) 

No.1214 歴史を語り継ぐ(2) [鉄道]

den1214.jpg

 5月の拙文でご紹介した地元駅での説明会、夏季も催行されています。
来春廃止される三江線を絡めての列車利用客も多く、往路ないし復路に立ち寄る人が増えました。

 説明されるのは地元在住の国鉄(JR)OBで、実体験も含め、駅の歴史などを紹介しています。
鉄道模型の運転なども行われ、子供たちに好評です。
夏季ということで、川遊びができるよう、地元の方が整備しました。

 かつて陰陽連絡路線として栄えた備後落合も、時を経て閑散とした山間の駅という風情です。
初めての人は歴史を知り、再訪の人は印象を新たにして欲しいと思います。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1213 夏を乗り切るために [パソコン]

den1213.jpg

 九州北部の豪雨災害、被災された皆様にはお見舞いを申し上げます。
他地域の人は気を引き締めて、これからの自然災害と対峙してください。

 前述した豪雨災害で住宅が流出、土砂崩壊で損壊した場合、持ち出せなかったPCも相当数あると思います。
要はデータさえあれば…ということですが、身の危険が迫っている時に、そこまで完璧な人は稀有でしょう。
 
 話は少し迂回しますが、自然災害以外でもPCのデータは消失します。
最も多いのがHDDクラッシュで、経年劣化だけではなく、温度上昇によるケースも多いと聞きました。
 
 筆頭格、外付けHDDでしょうか。
常時接続状態だと、PC同様に起動していますから、電気的なストレスも加わります。
外部機器は「使う時だけ接続しましょう」というのが私の考えですが、「面倒だ」という声も聞こえますね。
手間を惜しんで、より良い結果など生ずるはずはありません。

 HDDをクラッシュさせないためには「直接空気に触れさせる」、あるいは「強制的に空気を送り込む」ということが必要です。
要は「オーバーヒートを防ぐ」ことに尽きます。

 拙宅の例ですが、画像(右)は露出させて放熱、画像(左)は下部からファンで風を送る
方式を採用しています。
貴重なデータを失わないためにも、「夏を乗り切る」対策は必要です。


↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1212 忘れてはならない事 [歴史]

den1212.jpg

 先の大戦が終わって72年を迎えようとしています。
戦争は兵士のみならず、住民を巻き込むことは明らかなのですが、時を経ると、そのような感覚も鈍りがち。

 画像は県境を越えて少し行った場所にある戦没者名碑です。
冬期は降雪も多い過疎地帯ですが、碑には明治以降、太平洋戦争までの間に亡くなった100名あまりが刻まれています。
若い人は17歳、年長は43歳、陸海軍の他に軍属も居たようです。

 この碑は戦後50年、つまり今から22年前の夏に建立されました。
当時、先の大戦のご遺族は兄や姉が健在な場合が多かったと思います。
現在では世代も変わり、各地の慰霊祭も甥や姪の参列が多いと聞きました。

 碑に刻まれている戦没者以外、つまり、この地から戦地に赴いた人は他にも多く居たことでしょう。
幸運にも復員された方は、戦後の復興を担う役割を果たされました。
先人たちの犠牲を無駄にしないことが、私たちに問われていると思います。


↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1211 夏への備え [パソコン]

den1211.jpg

 先日から、昼間は汗ばむ陽気が続きました。
使用するシステムにも「夏対策」を施した次第です。

 使用頻度の高い汎用システム、昨年リムーバルケースに変更、HDDの冷却は下からファンで風を送る、つまり「強制空冷」とでも言うところでしょうか。
そのファンは回転数が低く、風量も多くありません。
加えて、平置きしていたので吸い上げる空気の量がが少なく、HDDの温度も上昇気味でした。

 まだまだ暑くなるのに…と思い、改善策を施した次第です。
1cm角の木片をファンにセロテープで留め、下方に空気流入し易くしました。
ちなみに、画像の木片が見えている側が下になります。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1210 歴史を語り継ぐ [鉄道]

den1210.jpg

 先月末ですが、地元駅の説明会が催されました。
広島県北、JR芸備線と木次線が交わる備後落合駅です。

 国鉄やJRに在職した元機関士で、付近に在住の方が発案して実現しました。
当時の作業服に身を固め、自らの体験や鉄道に関する歴史などを説明し、2日間で100名近い参加がありました。

 イベントは単に展示物が豊富で、来場者が多ければそれで良いのか?!
今回の説明会は地域の歴史を如何に語り継ぐかという意味からも、小規模ではありましたが意義深かったと思います。


↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1209 時を経て [鉄道]

den1209.jpg

 当地のJR線から「急行列車」が姿を消して、今年の6月末で10年になります。
急行列車自体はその後も各地に存在しましたが、当地のそれは国鉄時代の急行用車両を使用していたことが特徴です。

 昭和30年代半ば以降に製造された古い車両でしたが、乗り心地は悪くなかったと思います。
その昔、全国で急行列車として活躍した車両も、前述した10年前は急行として使用しているのは当地だけになっていました。

 快速列車に置き換わる形で急行列車が廃止され、これらの車両も廃車の運命を辿ったのです。
かろうじて2両が昔の塗装に戻して岡山エリアで数年間イベント運転などに使用された後、現在は津山市内の旧津山機関区に保存されています。

 廃止から10年ということで、節目の意味もあり、写真展示を企画しました。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/rekimin/29-1gallerry.html
公立の歴史民俗資料館なので入館料は必要ですが、地域の歴史的な常設展示も見ることができます。 ※高校生以下、65歳以上は無料

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1208 伝えることの重要性を痛感 [歴史]

den1208.jpg

 先週末、鹿児島に出向いていました。
薩摩半島の南さつま市にある旧陸軍の飛行場跡で慰霊祭が催され、それに参列しました。

 万世飛行場は先の大戦後半に急造された飛行場です。
旧陸軍では近隣の知覧飛行場が有名ですが、万世は知覧の補助的な位置づけで建設されたとか。

 慰霊碑が建立されて46年、慰霊祭も第46回でした。
戦後72年ですから、その間の空白は①敗戦で資料が消失、あるいは散逸、②生き残った旧隊員の大部分は県外出身者、③戦後の復興、各自が生活に追われた、等々の理由によります。

 1960(昭和35)年、万世飛行場に駐屯していた飛行隊の元隊員が加世田市(現在は南さつま市)を訪れ、慰霊の思いを強くしました。
市役所に慰霊基金を寄付、各地の遺族を訪ねる活動などを通じ、慰霊碑建立にこぎ着けたそうです。

 その後、遺品などを展示する祈念館も完成して現在に至っていますが、前述の旧隊員は5年前に死去されました。
その功績を称えようと、祈念館入口付近に顕彰碑が建立され、訪れる人に歴史を伝えています。

 今年の慰霊祭では、ご遺族代表が東北の震災に遭われた方で、「自然災害は防ぎきれないが、人為的な戦争は防げる」と述べられたのには考えを同じくしました。
また、地元高校生の代表も「福祉実習で高齢者が亡くなるのを直視して、万世のことも身近に感じられるようになった」と述べ、彼らが次世代に語り継いで欲しいと願っています。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

No.1207 イベント賑わう [鉄道]

den1207.jpg

 先日、当地の保存蒸気機関車イベントが催されました。
初日はコンサートで、東京からプロ歌手が来演です。

 2日目はミニSLが登場しました。
好天に恵まれ、親子連れが喜ぶ様を見ると、やはり乗り物は人気なのだと感じた次第です。

 今回のミニは実物と同じ、石炭を焚いて蒸気を発生させる方式で、隣県の愛好家が協力してくれました。
「モーター動力でも良いから、自前で揃えたい」というのが正直な気持ちです。

↓宜しければ、応援のクリックをお願いします。       
人気ブログランキングへ

広島ビデオコミュニケーションクラブ(HVCC)
http://hvcc.webcrow.jp/

前の10件 | -
メッセージを送る